2015年6月19日 by admin

家庭教師で稼ぐなら個人契約!後悔しないための3つのコツ

対等な立場で契約書を交わす

個人契約で家庭教師を行う場合には教師である自分と家庭との間に仲介する人がいないということがいません。これによって互いに金銭的及び事務手続き的なメリットを受けられます。家庭教師のバイトを個人契約で行って稼ぎたいという場合に後悔しないためのコツとして、これは大人同士の契約であるということを認識することが必要です。学生がバイトをする場合は特に自分の立場が弱いと考えてしまいがちですが、教師と家庭の立場は対等であることを理解し、契約時には契約書を交わすことを忘れないようにしましょう。

互いに遠慮しない関係を作る

個人契約で改定教師をしている場合には互いに不慣れであると言いたいことを言い合えない関係になりがちです。生徒や両親が持っている不満や感謝を教師に伝えたり、教師が生徒や家庭に対して抱いている要望を伝えたりすることは指導をうまく行っていく上で不可欠です。そういった場を授業時間外に訪問の際に設けるということを忘れないことが大切です。コミュニケーションをしっかりとっておけば良かったと後悔しないで済むための秘訣です。

支払いの方法と給与の変更について決めておく

個人契約で家庭教師をする場合には給料の支払い方法や計算の仕方について話をしておくことが大切です。手渡しや銀行振込といった方法が支払い方として典型的ですが、毎回なのか月末なのかといった支払い時期を定めるのも忘れてはなりません。それに加えて重要となるのが残業の扱いです。生徒の要求に従って予定よりも長く授業を行ってしまうことは多々あります。そういった際に厳密に支払いをしてもらうのか、サービス残業とするのかといった取り決めは予め行っておかないとトラブルの元になりやすいのです。

家庭教師のバイトは短時間であっても高い時給を得られるので空いた時間を有効に活用したい学生などに最適です。